国内旅行

奄美大島をレンタカーで巡る2泊3日の旅【2020年9月】

奄美大島

キャンペーンを使って、行きたい所に安く行けるお得な旅のチャンス到来です!

GOTOキャンペーン+鹿児島県のキャンペーンの組み合わせを利用して、奄美大島へ2泊3日の旅に行ってきました。

今回利用した旅行サイトやキャンペーンや主要な観光スポットをご紹介します。

・ディスカバー鹿児島(宿泊費から1万円引き)現時点で第2弾キャンペーン終了 第3弾に期待!
 https://www.pref.kagoshima.jp/af08/discover_kagoshima/campaign2.html

・かごしまらくたび(鹿児島県内の宿泊施設に1泊以上&レンタカー・タクシー利用者向け)
 https://kg-rakumegu.com

■注意点

・yahooトラベルから送信の添付メール「eチケット控え」は印刷するかスクリーンショットですぐに見れる様にしておきましょう。(自動チェックイン時に必要)

・飛行機の座席指定しておきましょう。
便出発の20分前まで、Yahoo!トラベル「マイトラベル」の「予約確認・取り消し」から、該当する予約の[フライト情報・座席指定]ボタンをクリックして、事前座席指定できます。

yahooトラベル 国内旅行ヘルプ(https://support.yahoo-net.jp/PccTourtr/s/)で検索できます。

10月スタートの鹿児島のキャンペーン

・GoTo鹿児島たっぷりプレゼントキャンペーン 5,000円OFF
 (鹿児島県外の在住者で体験やアクティビティの申し込み限定)
 https://www.kagoshima-tappuri.jp

キャンペーンの組み合わせで、かなりコスパのいい旅が出来ますよ!

鹿児島から奄美大島への移動手段や時間

今回の鹿児島市内から奄美空港までの移動時間は下記の通りです。

  移動手段   出発 到着時間     料金  会社
鹿児島空港連絡バス鹿児島中央ターミナルビル鹿児島空港40分1,300円(大人)650円(子供)南国交通株式会社
飛行機(JAL)鹿児島空港奄美空港50分旅行会社や航空便により変動ありJAL(日本航空)

南国交通株式会社:https://nangoku-kotsu.com/ashuttle/kagoshima/

JAL(日本航空):https://www.jal.co.jp/jp/ja/

鹿児島中央ターミナルビルからバスに乗って鹿児島空港へ行きます

■手順は以下の3ステップです。

  1. 発券機か窓口でバスのチケットを購入する。
  2. バスの到着時刻を電光掲示板で確認する。
  3. 1番の乗り場でバスに乗る。

鹿児島空港から奄美空港へ飛行機で行きます

■搭乗までの手順は以下の3ステップです(20分前には搭乗口に到着しておきましょう)

  1. 自動チェックイン・発券機(KIOSK)でチェックインする(QRコードで発券できます)
  2. 荷物を預ける
  3. 保安検査場と搭乗口を通過する(QRコードを端末にかざす)

日本航空ホームページ:「空港でチェックインが必要なお客様」にステップが書かれてます。(https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/boarding/flow/flow.html

奄美空港に到着したらレンタカーで島巡りをしよう

奄美空港に着いたら予約していたレンタカーを借ります。
空港からレンタカー会社まで送迎があるかは事前に確認しておきましょう。

ネットで予約出来なかった人でも、空港の道路挟んだ正面にレンタカー会社が並んでますので、交渉してみましょう。(下記写真は奄美空港周辺のレンタカー会社の案内図です。)

【奄美空港周辺のレンタカー会社】

急に決めた旅で、しかも4連休なので3件ほどレンタカーの空きがなく、4件目で借りる事が出来きてほっとしました。

「あまみ空港前レンタカー」さんありがとうございます!感謝してます。

奄美大島の巡りスポットと注意点

奄美大島の地形の先っぽ部分の奄美空港からレンタカーで各地のスポットを巡っていきます。

奄美大島の繁華街は名瀬中心部でホテルや飲食店が集まってます。

郷土料理店や居酒屋で飲食して、気持ちいい気分で歩いてホテルに帰りたい人は、名瀬中心部の周辺ホテルに宿泊するのをおすすめします。

今回は、奄美サンプラザホテルに宿泊しました。

ぷら〜っと歩いて「居酒屋 誇羅司屋(ほこらしや)」で郷土料理を食べましたが、美味しかったです。

注意点

・レンタカーは必須(効率よく移動するために、事前に予約が必要です)

・コンビニ・ATMが少ない(現金持参が必要、施設入場料などは現金)

・突然の雨など、天候が変わりやすい(レインコートや傘を持って行きましょう)

それでは奄美大島を巡って行きましょう!

奄美大島の地形を北部・中心部・南部に区切って説明して行きます。

奄美大島北部のおすすめスポット(奄美空港の周辺)

奄美大島北部のスポットは奄美空港から近いので、レンタカーですぐに行けます。

土盛海岸(ともりかいがん)

いろいろ海岸を巡りましたが、土盛海岸が1番綺麗でした!

駐車場もあり、トイレもあって、坂を下って海岸に降りていく感じがいいですね。

土盛海岸:https://info-amami.net/奄美大島観光マップ/土盛海岸

あやまる岬観光公園

駐車場の上には公園、下には海岸があります。

海岸に突き出たコンクリートを歩いて、海を見る事が出来ます。ゴツゴツした岩も沢山。

あやまる岬観光公園:https://ayamaru.amamin.jp

あやまる岬

あやまる岬観光公園から坂を車で進むと、あやまる岬に着きます。

高台から海の水平線を見下ろせて、自然の雄大さを感じられます。景色を見ながら、お土産を買ったり、飲食も出来ますよ。

奄美パーク

奄美大島の歴史や文化を紹介する施設です。

奄美だけではなく、加計呂麻島、徳之島、沖永良部島なども模型や写真・映像と共に紹介されて、分かりやすくて面白い作りになってます。

敷地内には、エレベータで上る展望台があり、海岸の水平線や飛行機が飛行場の離着陸する光景を見る事ができます。

奄美パーク:https://info-amami.net/奄美大島観光マップ/奄美パーク

田中一村記念美術館

奄美に移住して、自然の動植物を描いた画家、田中一村の記念館です。

幼少期から晩年までの作品が時系列で展示されており、無料でドキュメンタリー映像も視聴できます。

美術館の作りがガラス張りと回廊になっているので、とても開放感があり楽しいです。

奄美パーク敷地内にあり、奄美パークと田中一村記念美術館の入場共通チケットが販売してます。

田中一村記念美術館:http://amamipark.com/isson/

みなとや鶏飯

人気の鶏飯店でお店の前に鶏の銅像が建ってます。

行ったら閉まってました(涙)営業時間を調べて計画的に行きましょう。

・営業時間: 11:00~15:00頃 (材料がなくなるまで)ラストオーダー14:30 
・定休日: 不定休
・電話:0997-63-0023

鶏飯:みなとや:https://minatoya.amamin.jp

むさしや

みなとや鶏飯の向かいに建つ居酒屋です。

居酒屋といっても居酒屋さんが作る鶏飯は美味しかったです。

しかも、2階席はオーシャンビューで海を見ながら食事ができるので最高でした。

ばしゃ山海水浴場

海の浅瀬付近でシュノーケリングをしている人が沢山いました。

レンタカーでドライブしていると道路沿いの車が駐められるスペースに何台も車が駐まってました。気になって海を見たら、気持ち良さそうに泳いてましたよ。

すぐ近くにばしゃ山村ケンムン村があり島人の生活様式を体験できます。

ケンムンとは、奄美の森にすむ自然の守り神。

ばしゃ山海水浴場:https://www.amami-tourism.org/scenery/774/

打田原ビーチ(うったばるビーチ)

奄美空港より遠いですが、離れたところにあるため、ゴミゴミしたところが嫌いな人はいいですね。人が多いか、少ないかはその時々によるでしょう。

打田原ビーチ:https://tourist-attraction-2396.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral

奄美大島中心部のおすすめスポット(中心街の名瀬からの周辺地域)

名瀬周辺は飲食店やホテルが並ぶ繁華街です。北部・南部へのアクセスも良いです。

ハートロック

出典:奄美大島観光物産連盟

言わずと知れた岩のハート型に海水が満たされている人気スポット。
インスタの投稿もめっちゃ多いですね!(晴れの日に行きたい)

近くにジェラード屋「ラフォンテ」があり、ジェラードを食べながらインスタに投稿するのも楽しいですね。

ハートロック :https://www.town.tatsugo.lg.jp/kikakukanko/kanko/heartrock.html

La Fonte:https://lafonte-amami.com

奄美 大島紬村(おおしまつむぎむら)

NHKのテレビ番組『ブラタモリ』でも紹介された奄美大島紬村。

大島紬の歴史や染め上げ体験や実際の工程の一部がガイドさんの案内で見学出来ます。(お土産屋さんもあります)

本場大島紬泥染公園とセットで訪れたいスポット。

奄美大島紬村:http://www.tumugi.co.jp/#

島とうふ屋

おすすめのお店です。

とうふ料理がメインですが、料理のバリエーションが多くて飽きないし、全部美味しかったです。

島とうふ屋:https://shimatoufuya.jp

けいはん ひさ倉

出典:ひさ倉HP

鶏飯の人気店、道路沿いにお店があるので分かりやすく入りやすい。

自家養鶏場の地鶏からとった出汁とこだわりの食材を使用した手間暇かけた鶏飯が食べられる。

けいはん ひさ倉:http://www4.synapse.ne.jp/hisakura/tenpo_syoukai.htm

田中一村終焉の家

田中一村記念美術館とセットで見ておきたいスポット(無料)

道路から奥まった山裾にひっそりとたたずむ木造の民家。外壁の木板の損傷もあり、今の内に見ておきたい。

田中一村終焉の家:https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10202/

大浜海浜公園

名瀬の中心街から車で20分で行ける海浜公園、横長で広い。

海が綺麗で駐車場も広く、座って休む場所もあるので、ボーッと海を眺めて過ごせる。

大浜海浜公園:https://www.ohama.marutani-amami.com

奄美海洋展示館

大浜海浜公園から徒歩で行ける展示館。

奄美周囲に住む海洋生物の紹介や展示を見学できる。ウミガメに餌をあげたり触れ合う事ができる。

奄美海洋展示館:https://www.ohama.marutani-amami.com/ocean-exhibition-hall

本場奄美大島紬泥染公園

大島紬の染色場や工程の場所を見る事ができる。

職人さんの説明が分かりやすく面白かった。気軽に話しかけてくれて安心しました。

奄美大島紬村(おおしまつむぎむら)より小規模だけど、合わせて行きたいスポット。

本場奄美大島紬泥染公園:https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10203/

ビッグⅡ奄美店(ビッグツー奄美店)

奄美の巨大ホームセンター。

ここで、お土産を買うべし!その他、食料品、日用品、衣料品などなんでも揃う。

お土産コーナーは焼酎から、菓子まで広いスペースで、充実していて、ここでお土産物をすませる人も多いです。

ビッグⅡ:https://www.big2.co.jp

奄美自然観察の森

出典:龍郷町ホームページ

奄美の動植物が観察出来ます。

展望台から奄美の自然を見下ろすのもいいですね。

奄美自然観察の森:https://www.town.tatsugo.lg.jp/kikakukanko/kanko/shizenkansatsu.html

奄美大島南部のおすすめスポット(中心街の名瀬より南側)

奄美大島の南部になると観光スポットも少なくなりますが、マングローブや加計呂麻島など自然を楽しむスポットを楽しめます。

金作原原生林(キンサクバルゲンセイリン)

原生林の中の亜熱帯植物や天然記念物の動物をガイドともに見る事ができる。

亜熱帯植物を下から見上げた写真はインスタ映えしますね。

金作原原生林:https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10199/

黒潮の森 マングローブパーク道の駅

マングローブの原生林の水辺の中をカヌー体験ができます。

他にグランドゴルフやセグウェイも有料で楽しめますよ。

黒潮の森マングローブパークのホームページも楽しい→https://www.mangrovepark.com

マングローブ茶屋

カヌー体験やバラエティがあるアクティビティが体験できる

3㎞川下りやマングローブカヌー&ナイトツアーは次回ぜひ参加したい!

マングローブ茶屋 (http://mangroveamami.com

楽しいアクテビティを探すならクリック⬇️

ホノホシ海岸

駐車場から数百メートル歩いて、小高い丘に立つと「ザザー」っと波の音が聞こえてきます。

風が強く吹いて、波が荒く、ザッパーンと打ち上げられるため、石が削られて丸くなっているのがわかります。

名瀬からホノホシ海岸までは、少し遠いので、根気よく運転して行きましょう。

ホノホシ海岸:https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10244/

番外

奄美カントリークラブ近くの風力発電。こんなに近くで風力発電がブンブン回るのを見る事ができないですよね。

まとめ

奄美大島は2泊3日もあればレンタカーでゆっくりと島を一周できます。というのも信号機が少ないため、スイスイと車で進む事ができて気持ちよかったです。

9月中旬の4連休時の奄美大島の天候は変わりやすく、晴れた日は1日だけでした。残りは曇りと雨。撮影した写真が曇りなのもそのせいです。

Instagramに投稿する映えた写真を撮りたい人は、事前に天気を確認する必要がありますね。

居酒屋で食べた郷土料理も美味しかったです。ただし予約しないでもお店入れるだろうと思ったのが間違いでした(涙)飲食店は予約して行きましょう!

奄美大島はゆっくりと時間が流れ、大規模なリゾート開発もされてない自然豊かな観光地でした。
人の手が入りすぎてないのがとても心地良かったです。

忙しい毎日を過ごしている人は是非、1度は行かれる事をおすすめします。